※ 当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

【2023年3月-156,463円】アラフォー専業主婦の暗号資産(仮想通貨)運用実績レポート1年4ヶ月目

こんにちは。専業主婦のめりー(@MARY_weblog)です。

心と時間とお金の余裕を持ちたいと「専業主婦でも自分でお金を稼ぎ&増やす」を目標に、2021年12月から暗号資産(仮想通貨)投資を続けています。

今回は2023年3月の暗号資産(仮想通貨)運用実績レポートです。

暗号資産運用1年4ヶ月目は、-156,463円でした。

めりー
3月はNFTに135,000円ほど投資したので、実質は-21,229円です。(本レポートにはNFTは含みません)

下のチャートはここ2022年4月~のBTCの価格チャートです。

去年の3月から価格が下がっていたビットコインですが、今年に入ってから少しずつですが、価格が上昇してきているのが分かりますよね。

チャート参考:coincheck

でも、私は3~5年後までに暗号資産の価値はもっと上がると考えているので、価格変動に惑わされずに2022年7月から半年以上、毎日300円ずつ、コツコツと買い増しをしています🌸

めりー
価格の上げ下げが激しいと、なかなか自分で買う勇気がでなくなります💦なので暗号資産の自動つみたては投資初心者には心強い味方。

コインチェックなら月に1万円~コツコツと自動でビットコインを積みたててくれますよ。

めりー
積立投資は「時間」を使って資産を作る方法。早く始めれば始めるほど効果がでてくるので、今すぐ始めるのがおすすめですよ!

長期投資がモットーの私はマイナスになっても慌てません。

なぜならこれくらいの値下がりは暗号資産ではよくあることだからなんです。

出典:coindeskJAPAN

例えば上のチャートは2021年4月~2023年1月ころのビットコインの値動きです。

2021年の11月には886万円ほどあった価格が、1年後には210万円くらいまで、なんと75%も価値が下がってしまっています

ですが、2017年頃からの下のチャートを見てください。

出典:coindesk JAPAN

右肩あがりにあがっているのがよくわかりますよね。2018年にもグッと価格がさがり、手放す人が続出。

めりー
この時にガマンしてガチホしていた方々は「億り人」になりましたね🔥

まだまだ、法規制などもしっかりされていないので、暗号資産市場は未熟。広がっていくには少し時間がかかるはず。

2030年には価格が現在の42倍の1億3,000万円になるかも!という予想もされているビットコイン✨

めりー
価格が下がろうが、上がろうが、今はコツコツと買い増しの時期と決めて資産を増やしていきます。

マイナスでも続けてきた理由

暗号資産(仮想通貨)運用1年4ヶ月目。

合計投資金額は120万円を超えました。

今はまだマイナスですが、それでもコツコツ投資を続けているのは、ビットコインなどの暗号資産(仮想通貨)の将来性を強く感じているからです。

ビットコインの将来性に期待大!

世界中の専門家の予想では、これから2030年までに暗号資産市場は更に拡大する、という声が多くあります。

予想①:長期的に見て2,000万円になる(JPモルガン)

投資銀行大手、あのJPモルガンがビットコインの価格は15万ドル、約2,000万円になるのでは?と予想しています。

めりー
2022年12月現在は210万円程なので、約10倍になる予想ですね。

 長期的スパンではビットコインの価格は15万ドルに上昇するとJPモルガンは予測している。これは、ビットコインの時価総額が2.8兆ドル(約320兆円)に達し、個人が投資目的で保有しているすべての金の価値と並ぶことを意味するという。

出典:Frobes JAPAN

予想②:1,200万円を超すのは時間の問題(ブルームバーグ)

ニューヨークに本社をおく、金融テクノロジー企業の「ブルームバーグ」社のマイク・マクグローン氏の予想では長期目線ではビットコインの価格は10万ドル(約1,200万円)になるのは時間の問題と予想しています。

ビットコインが金や国債にならぶものとなることを確信している

出典:u.today

予想③:2030年までに1億3,000万円に達する(マイクロストラテジーCEO)

アメリカのデータ分析ソフト企業のマイクロストラテジーのCEO、マイケル・セイラー氏は2030年までにビットコインの価格は100万ドル(約1億3,000万円)に達するという予測を公表。

「世界で何が起ころうともビットコインが今後成功する」という点で一致した

出典:Forbes JAPAN
めりー
正直現在は「暗号資産冬の時代」と言ってもいいかもしれません。だからこそ、この安い時期に買い増しをして、5~7年先には価格があがって利益がでることを狙えるんですよね。

海外ではスタバやコカ・コーラ、ケンタッキーなどでビットコイン決済ができるようになっていますよね。

日本でもビックカメラでビットコイン決済が導入され、ソフマップでも利用が可能です。

今後、利用できるお店が増えて利便性が高まれば一気に市場が大きくなりそうですよね。

安い時にコツコツと買い増しをして、売らずにキープして、暗号資産市場の成長(=値上がり)を待つ。

そんな長期投資がビットコイン・暗号資産にはむいています。

さらには、ビットコインは発行数が決まっているんです!ビットコインは2100万ビットコイン数が上限で、それを越す量は発行されません。2021年12月にはその内の90%が既に発行されているそうです。

数が限定 → 希少価値が高くなる → 価格もあがる

そんな可能性が高い、と予想されます。

出典:coindesk JAPAN

上は2013年からのビットコインのチャート表です。ガクンと価格を下げるときもありますが、右肩あがりで成長している様子がよく分かりますね。

めりー
価格が上がりきる前の、少しでも安い時に少額ずつ買い貯めていくのが得策です。
めりー
さらには現在の円安を不安に思っています。日本円だけしかもっていないのはリスクのある時代。暗号資産への分散投資は大事だと考えています。

暗号資産投資の運用実績(1年4ヶ月目)

1年4ヶ月目の暗号資産全体の投資運用実績は-156,463円でした。

めりー
3月はNFTに135,000円ほど投資したので、実質は-21,229円です。(本レポートにはNFTは含みません)

合計投資額 : 1,206,471 円
評価額   : 1,050,009 円
合計評価損益: -156,463 円

将来に期待大のビットコイン・イーサリアムに分散投資しています。

イーサリアムはNFTを買うために。

ビットコインは将来の価値が上がった時の為に、ガチホ(ガチでホールド=売らずにキープ)しています。

ただガチホしているのも、もったいないので、現在はビットコインに「レンディング」をして、働いてもらっています✨

🌱ほったらかしで年率8%増えていく🌱

手数料なし・手間なし!暗号資産を貸し出すだけで資産を増やせます🌱

BitLending

(例)2023年10月に1 BTC (=420万円計算) を【貸し出し】
 ↓ ↓ ↓
BitLending(1年間ほったらかしで、年率8%✨)
 ↓ ↓ ↓
2024年10月に1.08 BTC (=453万円) 53万円増える!

≫ ビットレンディングに申し込む(無料)

失敗せずにビットレンディングを始めたい方は「ビットレンディングの始め方」で、初めての方向けに分かりやすく解説していますよ。

ビットレンディングの実際の私の過去の実績レポートはこちらから確認できます。

ビットレンディング過去レポ

ビットレンディングだと、ビットコインの貸出しの申し込みをするだけで、ホントー---にほったらかし!で、年率8%も資産が増えていっています!

都市銀行の普通預金が0.001%の時代、8%と言えば8,000倍ですね。

しかも申し込みもびっくりするほど、簡単です。気になる方は次の記事を読んでみてくださいね。

めりー
私も2022年7月から、ビットレンディングでビットコインの貸出しをしています!

各通貨(BTC・ETH・XRP・XLM)の運用実績

それでは、それぞれの暗号資産の運用実績を公開します!今月も買い増しはビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)だけとなりました。

ビットコイン(BTC)の運用実績

ビットコインは順調に価格をあげてきているので、73,000円プラスになりました🌸

保有数 :0.11793404 BTC
投資額 :374,275 円
評価損益:+73,016 円

ビットコイン(BTC)は現在、「コインチェックで購入+ビットレンディングでレンディング(貸出し・年率8%)」を合わせた投資額になっています。

ビットレンディングは毎月1日に貸借料が入ります。月の途中からでも日割りですぐにレンディング開始できるのが嬉しいですね。

0.08 BTC=約32万円貸し出して、ほったらかしていただけで+15,000円、資産が増えました。

めりー
年率8%も、いつ下がるか分からないので、早めにどんどんビットレンディングでレンディングをしていこうと計画中です!

🌱ほったらかしで年率8%増えていく🌱

手数料なし・手間なし!暗号資産を貸し出すだけで資産を増やせます🌱

BitLending

(例)2023年10月に1 BTC (=420万円計算) を【貸し出し】
 ↓ ↓ ↓
BitLending(1年間ほったらかしで、年率8%✨)
 ↓ ↓ ↓
2024年10月に1.08 BTC (=453万円) 53万円増える!

≫ ビットレンディングに申し込む(無料)

失敗せずにビットレンディングを始めたい方は「ビットレンディングの始め方」で、初めての方向けに分かりやすく解説していますよ。

ビットレンディングの実際の私の過去の実績レポートはこちらから確認できます。

ビットレンディング過去レポ

気になる方は、次の記事を読んでみてくださいね!

イーサリアム(ETH)の運用実績

保有数 :2.23025423 ETH
投資額 : 767,525 円
評価損益: -222,953 円

イーサリアムは「NFTアート」を135,000円分ほと購入したので、実質は88,000円ほどのマイナスですね。

リップル(XRP)の運用実績

保有数 :636.0445 XRP
投資額 : 44,811 円
評価損益: +234 円

去年の5月からリップル(XRP)の買い増しはしていませが、徐々に価格が回復してきているのでプラスになってきました🌸

ステラルーメン(XLM)の運用実績

保有数 :896.653 XLM
投資額 :19,860 円
評価損益:- 6,759 円

ステラルーメン(XLM)もリップルと同じく去年の5月から買い増しはしていません。

資産が日本円だけ!はリスクだから資産も分散

現在、かなりの円安で、資産が日本円だけなのはリスクがあります。

円安、だけではなくこれからマイナンバーカードが普及することによって、日本でも政府が個人の資金状況を全て把握できるようになっていくことも予想されます。

今年の始め、2022年2月にカナダで起こった「フリーダム・コンボイ」を知っていますか?

デモに参加した人・その家族の銀行口座が政府によって凍結されてしまったんです。それによって、デモは辞めざるを得ませんでした。

個人情報と銀行口座が繋がれば、政府が自由にコントロールすることができてしまうんですね。

めりー
先進国であるカナダでそんなことが起こるなんて衝撃でした…。

これからの日本がそうなる、マイナンバーカードはこわい、とかいうことを言いたいわけではなくて、これからは政府と切り離された、ビットコインなどの暗号資産(仮想通貨)が流通していくことは必然の流れなのでは?と、私は思っています。

それについての分かりやすい解説が、マナブさん( @manabubannai )のブログ記事にありますので、興味のある方は読んでみて下さいね。

Twitterでも書いていますが、目次3の「3.多くの国が「監視国家」を目指している件」がとても参考になりますよ💡

そんなわけで、私は大事な資産をリスク分散しながら、少額&長期投資でビットコイン・イーサリアムを自動積み立てでコツコツと買い増しし続けていきます!

まだ暗号資産の口座を持っていない方は、無料で開設できるので、投資タイミングを逃さないためにも、今すぐ開設しておいて損はありませんよ!

おすすめの暗号資産取引所は私も利用している、安心大手のコインチェックです。

🌸スマホアプリが使いやすいと評判🌸

コインチェックも初心者に分かりやすくておすすめの取引所ですよ。

コインチェック

≫ 【無料】コインチェックを申し込む

詳しく知りたい方は「コインチェックの口座開設方法」で初めての方向けに分かりやすく解説していますよ。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました!

  • この記事を書いた人

めりー

『家族を1番にしながら、ブログで心もお金も豊かになる』をテーマに発信/ 「初心者向けに分かりやすく」をモットーに実体験ベースでブログを書いています

44才・専業主婦16年・8&13才兄妹ママ/ ひきこもり主婦 ▸ Wordpressブログ9年目 ▸ 株投資6年目 ▸ 暗号資産投資2年目

専業主婦でも自立したい!/ 人と時間とお金に縛られない生き方を目指してます✨/ 気軽にTwitterフォロー&コメントくださいね

-暗号資産(仮想通貨), 暗号資産(仮想通貨)運用実績
-, , , ,