【ビットフライヤー】ビットコインの3つの買い方「販売所・取引所・Lightning」の違いを初心者向けに解説

2022年3月27日

ビットフライヤー の口座開設したよ!ビットコインはどうやって買うのかな?
めりー
ビットフライヤー でビットコインを買うなら取引所を使うと手数料がお得ですよ!

こんにちは。専業主婦&暗号資産ブロガーのめりー(@MARY_weblog)です。

2021年12月から暗号資産運用をビットフライヤー でしています。

初めての取引所におすすめのビットフライヤー

  • 超少額投資ができる(1円~)
  • かんたん積立で翌日から暗号資産の積立を始められる
  • ビットコインもイーサリアムも手数料が安い取引所で買える
  • 初心者でも使い方が分かりやすい

bitFlyer

*口座開設は楽々スマホで10分で完了*

≫ ビットフライヤーを見てみる

口座開設の方法を詳しく知りたい方は「ビットフライヤーの口座開設方法・入金・取引方法まで」を参考にしてくださいね。

ビットフライヤーの口座開設・入金までしたら、次はビットコインを買ってみましょう。

まだビットフライヤーの口座を開設していない方はスマホで10分でできるので、まず開設してみてくださいね。
≫ ビットフライヤー口座【開設・入金・取引準備まで】3つの手順

ビットフライヤー口座をお持ちの方は、早速ビットコインを買う方法について解説していきますね。

ビットフライヤーでビットコインを買う3つの方法

ビットフライヤーでビットコインを買うのには3つの方法があります。

ビットコインを買う3つの方法

  • 販売所
  • 取引所
  • Lightning(ライトニング)

販売所

販売所が持っているビットコインなどの暗号資産を、私たち個人が買ったり売ったりします。

「販売所」とは「ビットフライヤー」のことになります。

めりー
ビットフライヤーと直接、売買をするんですね。

取引所

私たち個人ユーザーが「取引所」を仲介して、個人間で売ったり買ったりします。

「取引所」とはビットフライヤーのことになります。

めりー
ビットフライヤーは暗号資産の「販売所」でもあり「取引所」でもあります。2つの機能を持っているんですね。

取引所はビットフライヤーに口座を持っている個人を繋げる役目。実際には個人間でビットコインなどの暗号資産を売買しています。

Lightning(ライトニング)

Lightning(ライトニング)は「取引所」と同じと思ってください。ビットコイン以外のいくつかの通貨の売買ができます。

より上級者向けの詳細なやりとりができる機能になります。

販売所・取引所では「現物」取引しかできませんが、Lightningだと「FX」「Futures」取引もできます。

めりー
今回は初心者向けの記事なので「FX」「Futures」については触れていません。

ビットフライヤーの販売所・取引所・Lightningの違い

販売所・取引所・Lightningの違いは大きく3つあります。

3つの違い

  • 取り扱い通貨が違う
  • 最小取引額が違う
  • 手数料が違う

ひとつひとつみていきますね。

取り扱い通貨が違う

販売所・取引所・Lightningで売買できる通貨が違います。

販売所での取り扱い通貨17種

販売所が1番たくさんの種類の通貨を売買できます。全部で15種類です。(2022年8月現在)

販売所取り扱い15通貨

  1. ビットコイン(BTC)
  2. イーサリアム(ETH)
  3. リップル(XRP)
  4. チェーンリンク(LINK)
  5. ポルカドット(DOT)
  6. テゾス(XTZ)
  7. ステラルーメン(XLM)
  8. ネム(XEM)
  9. ベーシックアテンショントークン(BAT)
  10. イーサリアムクラシック(ETC)
  11. ライトコイン(LTC)
  12. ビットコインキャッシュ(BCH)
  13. モナコイン(MONA)
  14. リスク(LSK)
  15. シンボル(XYM)
  16. ポリゴン(MATIC)
  17. メイカー(MKR)

取引所での取り扱い通貨はビットコインだけ

取引所で売買できるのはビットコインのみになります。

販売所取り扱い1通貨

  1. ビットコイン(BTC)

Lightningでの取り扱い通貨6種

Lightning(ライトニング)では6つの通貨を売買できます。

Lightning取り扱い6通貨

  1. ビットコイン(BTC)
  2. イーサリアム(ETH)
  3. リップル(XRP)
  4. ステラルーメン(XLM)
  5. モナコイン(MONA)
  6. ビットコインキャッシュ(BCH)

更に、販売所・取引所では日本円とでしか取り引きできませんが、Lightningではビットコインで売買もできます。

BTCで売買できる2通貨

  1. イーサリアム(ETH)
  2. ビットコインキャッシュ(BCH)
めりー
今はまだ2通貨だけですが、これからビットコインで他の通貨を売買できる可能性は広がりそうですね。

最小取引額が違う

販売所・取引所で最小取引額が違います。取引所とLightningは同じです。

ビットコイン最小取引額

  • 販売所:0.00000001 BTC=0.05円
  • 取引所:0.001 BTC=5,000円
    (1BTC=500万円計算)

各通貨で最小取引額はかわってきます。
販売所での「買い注文」はビットコインは1円~しか入力できないようになっています。

めりー
販売所だと1円~取り引きできるので、お得に見えますがちょっと待ってくださいね!手数料を比べてみましょう!

取引手数料が違う

販売所と取引所(Lightning含む)では売買手数料が違います。

ビットコイン売買手数料

  • 販売所:売買手数料無料 ※但しスプレッド負担あり
  • 取引所:約定数量 × 0.01 ~ 0.15%(単位: BTC)

ビットフライヤー以外の暗号資産取引所でも、よく大きく「販売所での売買手数料無料!」と書いてありますが、要注意です。

売買手数料は無料ですが「スプレッド」という実質の手数料が発生します。

見えない手数料!?スプレッドに注意(販売所のみ)

スプレッドとは、買値と売値の差額のことをいいます。

下の図はほぼ同じ時間にビットフライヤーの「販売所」で買い注文と売り注文をクリックした時に表示された金額です

1BTCを買う時=5,531,386円
1BTCを売る時=5,209,168円
価格差(スプレッド)=322,218円

かなり価格が違うことが分かりますよね。この価格差のことを「スプレッド」と言います。

スプレッドはビットフライヤーやコインチェックなどの「暗号資産販売所」の実質の手数料になります。

「買い注文の価格」と「売り注文の価格」と「実際の価格」の関係は下の図のようになっています。

販売所では実際の価格にスプレッドをプラスした金額でビットコインを買います。

売るときは実際の価格にスプレッドをマイナスした金額で売ります。

スプレッドを避ける場合は「取引所」で売買をするのがおすすめです。

この時の「取引所」で売買できる価格が「実際のビットコイン価格」になります。

ほぼ同時刻に取引所では1BTC=5,374,161円で売られているのが分かりますね。

でも、取引所だと手数料がかかるんだよね?
めりー
そうです。ビットコインだと最大0.15%の売買手数料がかかります。

今回、取引所で売買した時の手数料は…

5,374,161円 x 0.15% = 約8,061円

あれ?販売所のスプレッドに比べると、安い!

そうなんです。販売所と取引所で買った金額を比べてみますね。

買い価格の比較

販売所の買い価格:5,531,386円

取引所の買い価格:5,374,161円+8,061円(売買手数料)=5,382,222円

販売所で買うと約15万円の損になるのが分かりますね。

販売所と取引所とLightningの比較

ビットフライヤーでの「販売所」「取引所」「Lightning」の3つの方法の違いをまとめました。

販売所取引所Lightning
売買相手ビットフライヤー個人間
取り扱い通貨17種類ビットコインだけ6種類
ビットコインでの売買××2種類
最小取引額(BTC)0.00000001BTC0.001 BTC
売買手数料(BTC)無し。スプレッドあり。約定数量 × 0.01 ~ 0.15%

まとめ:おすすめの買い方

ビットフライヤーでビットコインを買うなら…

手数料を安くおさえたいなら「取引所」がおすすめ。
少額で売買したいなら「販売所」がおすすめ。
1円~の自動積み立ては「販売所」で設定可能。

めりー
私は価格が下がった時に「取引所」でスポット買い&自動積み立てを「販売所」で設定しています。

自分の投資スタイルに合わせて、販売所・取引所・Lightningを上手に組み合わせて、損をしない暗号資産運用をしていきましょう!

ビットフライヤーの口座開設がまだの方は無料&スマホで10分で出来るので、まずは開設してみましょう!

初めての取引所におすすめのビットフライヤー

  • 超少額投資ができる(1円~)
  • かんたん積立で翌日から暗号資産の積立を始められる
  • ビットコインもイーサリアムも手数料が安い取引所で買える
  • 初心者でも使い方が分かりやすい

bitFlyer

*口座開設は楽々スマホで10分で完了*

≫ ビットフライヤーを見てみる

口座開設の方法を詳しく知りたい方は「ビットフライヤーの口座開設方法・入金・取引方法まで」を参考にしてくださいね。

≫ ビットフライヤー口座開設方法 の記事も参考にしてみてくださいね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

  • この記事を書いた人

めりー

「投資xブログ」で「資産xスキルを積み上げる」をテーマに発信 / 「初心者向けに分かりやすく」をモットーに実体験ベースでブログを書いています

43才・専業主婦16年・7&12才兄妹ママ/ ひきこもり主婦 ▸ Wordpressブログ9年目 ▸ 株投資6年目 ▸ 暗号資産投資1年目 ▸ NFT投資2022年6月~/ NFT(CNP/CNPJ)&TheSandBoxランド所有

専業主婦でも自立したい!/ 人と時間とお金に縛られない生き方を目指してます✨/ 気軽にTwitterフォロー&コメントくださいね

-暗号資産(仮想通貨), 暗号資産(仮想通貨)の始め方
-, , , , , ,